メニュー

増田石材工業有限会社

増田石材工業有限会社

〒426-0036
静岡県藤枝市上青島155-15
                
  電  話 054-641-1566
F A X 054-641-1466

国内石材産地マップ

国内石材産地マップ

国産石材の産地をマップを写真でご紹介

携帯サイトはこちら

増田石材工業有限会社

http://isiya-m.com/

Q&A >

Q&A

Q.お墓はいつもとめたらいいの?

〜思い立ったら吉日〜

 仏教では、過去、現在、未来で物事を考えます。そしてこれを合わせて三世(さんぜ)と言います。一番、大事なのは現世で、過去でも来世でもありません。生きている人を基本にした仏教の教えでは、お墓をいつ建てたらいいと言う決まりはありません。大切なのは供養の気持ちです。
 ただ、一般的には遺骨はあまり長く自宅におかない方がよいので、可能なら(お墓がある場合)四十九日の法要までに納骨を行ないたいものです。それが無理なら一周忌法要までにお墓を建てて納骨するか、遅くとも三回忌までには行ないたいものです。
 お墓を買うということは費用的にも労力的にも大変なことです。最近では、寿陵墓(=生前墓)を購入する人が増えてきています。自分で納得のいくお墓を求められるのは幸せなことだと思います。お墓や仏壇や礼拝物などは(どんな高価なものでも)相続税の対象にならないので生前にそれらを買われると節税対策になります。必然的にその分のお金は生前の資産から差し引かれるので、後に残った家族の負担を軽減することができます。不動産取得税・固定資産税などもお墓に関してはかかわらないので、税金の心配をしないで持っていることができます。

Q.お墓を選ぶ時は何に注意すればいいの?

〜墓地を選ぶポイント〜

POINT1 宗旨・宗派の条件が自分にあっているか
宗旨・宗派の条件は霊園・墓地によってさまざまです。自分の属する宗旨・宗派は何か、今後どうしたいのかなどを考えて決めていきましょう。ちなみに、仏教ならどの宗派でもかまわないという墓地もありますが、仏教以外の宗教や仏教系でも新宗教では購入できないといったケースもあるので、よく確認しましょう。

POINT2 立地
やはり、お参りに行きやすい所が一番です。たとえすぐ近くに求めることができなくても、交通の便がよければ案外時間がかからずに行けたりするものです。お墓までどんなルートで行けるのか、交通機関もよく調べましょう。

POINT3 価格
墓所を求めるには、永代使用料、管理費、墓石代が必要です。その他に開眼供養のお布施などの諸経費もかかります。費用がどういう内訳でどれ位かかるのか、あらかじめ管理事務所や石材店に聞いておきましょう。

POINT4 環境
墓地の環境としては、日当たりや風通し、水はけのよい所がよいでしょう。また、山間部を造成して墓地にしている所では、大雨などのときの地盤についても調べておけば安心できます。

POINT5 設備
管理事務所や駐車場、休憩所、法要設備など、諸設備の有無や規模はとても重要です。また、墓地全域を平坦設計にするなど、お年寄りや車椅子の方でも無理なくお参りできるように配慮した霊園も増えています。

POINT6 管理
墓地では、管理者が定期的な掃除や見回りにあたりますが、管理事務所がなく管理人もいない墓地では掃除や備品の管理が行き届かない場合もあります。管理体制についてもあらかじめ調べておきましょう。

Q.お墓を買うときにはどんな費用がかかるの?

〜墓地購入に要する費用〜

◆永代使用料
 お墓を建てる時に「お墓を買う」と言いますが、正確には「永代使用権を買う」で、土地を所有する権利を買う訳ではありません。ただし、永代使用権の内容や制度はそれぞれの契約によって異なりますから、契約内容を十分に確認して買ってください。墓地の永代使用料は安い順に公営・民営・寺院と言われています。とはいっても限られた予算で墓地を欲しいと言う人がいた場合、公営がいいとは限りません。というのは公営での墓地面積は最低4uと大きな区画しかない場合があるからです。一方、民営の場合は1uの以下でも販売されてるケースもあるようです。狭さを我慢すれば予算内で購入できるかもしれません。いろいろ見学に行き、考え選んでください。

◆墓石費用
墓石の本体と外柵と工事費の3つが必要な建墓の費用とされます。墓石の値段は石の大きさと種類で数十万から1000万円以上といわれますが、単純に価格が品質を反映しているというものでもないようです。その理由のひとつとして、石の種類により採れる量に差があり、その多い少ないによって価値が決まってくるということがあげられます。
 墓石に一番必要なことは耐久性です。よい墓石の定義は3点あり、「硬度が高く」、「水を吸いにくく」、「石そのものに傷やムラがなくキメが細かい」ことです。現在、よく使われる墓石は磨くと光沢の出る花崗岩で、価格は石の色合いや組成物質の違いによってかなりの幅があります。

◆管理費
墓地にある施設の維持・管理(参道整備、水道設備、駐車場、緑地、墓地清掃)などに要する費用で毎年、支払うことになっています。東京の公営墓地では1uあたり620円〜、民間霊園で5000円〜1万5000円程度、寺院墓地ではお布施や冥加金の名目で6000円〜2万400円程度(寺院施設の使用料も含む)必要とされています。都市型霊園の方が郊外の霊園より多少高額の場合が多いようです。
 管理費は滞納すると使用権を取り消される要因にもなるので(特に民間霊園)忘れないで払うようにしましょう。

Q.墓地にはどんな取り決めがしてあるの?

〜墓地の使用規定〜

墓地には公営・民間・寺院を問わず、使用する際にいろいろと制限があります。「使用規定」の基準に当てはまらないと使用が認めてもらえなかったり、守らないと返還を求められたりすることもあるので、将来を見据えて、墓地を購入する際は必ず「使用規定」をじっくり読みチェックする必要があります。

Q.お墓を長男以外に継がせることはできるの?

〜お墓の継承について〜

 少子化の影響もあり、子供がいなかったりいても娘だけで跡取りのいない夫婦が多くなっています。この場合、お墓を承継することにたいして不都合が起こる可能性あるので、申し込みにあたって注意が必要です。
 子供がいない、いても娘だけで跡取りがいないという場合に、申し込みすらできない霊園もあるようですが、
最近では一定の条件付で受け入れている霊園も少なくないようです。まず最初に自分たちの家族構成を伝えて、申し込みができるか、承継ができるかを確認することが大切です。

《将来、お墓の面倒を見る人がいないかたへ》
こんな選択いかがでしょうか?
・永代供養墓に入る
 無縁になっても永代にわたって霊園・寺院が供養・管理してくれる
・共同墓に入る
 同じような境遇の人が会を作り、合祀墓に共に葬られ、会員が供養していくというもので実費で遺骨を引き取って納骨までやってくれます。

「両家墓」や「永代供養墓」という選択方法もあります。「両家墓」とは同じ墓地に両家の墓を並べて建てるか、一つの墓石に両家の性を入れるお墓です。でも、墓地によっては2つの性を刻むことを認められない場合もあります。

Q.ペットも一緒の墓に入れたいのですが?

ペットの納骨は墓地管理者に断られるケースが多いようです。まれにいっしょに入れる所もあるようですが、少ないのでその場合はペット霊園で手厚く葬ってあげるのがよいでしょう。

Q.墓相って何ですか?

〜墓相は根拠がないので気にしないように〜

お墓はあの世のことに関わっている未知なる問題ですから、お墓の吉凶をいう墓相家がいても不思議ではありません。南向きがよいとか、北向きはよくないとかいいます。しかし墓相家によっては違う意見を言う人もいて矛盾が生じてきます。
 現在、大多数の人が葬られる霊園形式の墓地ではなかなか好みの場所に葬られたという歴史的事実もあり、仏教的に見てもどの方角が良いとかいう考え自体が根拠がないので気にしないことです。

墓石にとって・・・
どちらかといえば暗い場所に位置する日当たりの悪い場所は、日が当たらないので石の劣化を防ぎ、長持ちさせます。

Q.墓石の形や色について注意することがありますか。

現在、一番ポピュラーなお墓は「和型の三段」という型のものです。時々、変わった形(自然石のままなど)で作りたいといわれる方もいますが、そうなるとそれに適した墓石を探すのは大変ですし、費用がかかるので、伝統的な「和型三段」を最終的に選ぶ人が多いようです。好みが多様化し、デザイン墓もある昨今、形についてとやかく言うのは根拠のない話だと思われます。
 また、墓石の色の吉凶を言う人もいますが根拠があるのでしょうか?
 そもそも、仏教ではどの色が悪いという思想はなく、どの色も大切だと考えます。ですから、色の良し悪しを気にする必要はないでしょう。

Q.墓石に刻む文字はどうしたらいいの?

墓石に苗字や名前を刻む習慣ができたのは明治以降のことです。明治時代になって共同墓地が造られるようになり、どれが誰の墓かわかるようにしなければいけなくなったため、家名や名前を刻むのが一般化したようです。
 墓石に刻む文字はお寺や霊園によって、ある程度の決まり事のある場合と、まったく自由な場合とがありますので、あらかじめ確認をしてください。
 最も一般的なのは「○○家之墓が多いようです。最近では“家”という概念が希薄になったせいか、“先祖代々”とか“累代”の文字を省き、和型墓石には「○○家之墓」、洋型墓石には「○○家」という表示が多いようです。
 その他に「南無阿弥陀仏」「南無妙法蓮華経」といった言葉を入れる墓石も見られます。こうした言葉は宗派によって決まっていることが多いので間違わないようにするために住職に相談するとよいでしょう。また、この世で生きた記念となる言葉、詩や俳句、辞世の句などの文字を入れる人もいます。

Q.お墓の引越しってできますか?

〜お墓の改葬・分骨〜

可能です。ただし、引越しする前のお墓がお寺の場合は慎重な配慮が必要です。お寺のことって、お墓の引越しは檀家を失うことを意味するので、引越しを嫌がる場合もあるようです。今までお世話になったというお礼もして、丁重に物事を進めます。
 “お墓の引越”は一旦、埋葬したお墓を他のお墓に移す事で「改葬」といいます。「埋葬法」の規定どおり事を進めます。古いお墓の場合、遺骨が土に戻っています。その場合、そこの土を取ってきて新しいお墓に入れます。

《一般的な改葬の手続き》

@引越し先のお寺か霊園の管理者から「受け入れ証明書」を発行してもらいます。

A前のお墓の管理者から「埋葬証明書」を発行してもらいます。

B市町村役場に申請して、「改葬許可証」を交付してもらいます。

C前のお墓の管理者に「改葬許可証」を提示します。そして、遺骨を取り出した後、住職に「お魂抜き」※1をしてもらいます。
※1:ただの石にしてもらう法要で、その後、墓石は処理されます。

D新しいお墓の管理者に「改葬許可証」を提出します。

E新しいお墓に納骨し「納骨法要」をしてもらいます。

Fお墓の引越完了

Q.公営墓地は競争率が高いって本当?

〜公営墓地もいろいろ〜

公営墓地は、使用料・管理料が安く、宗旨宗派についての制限がない、立地条件もよいなどの長所があるので人気があります。都道府県や市区町村自治体が管理・運営する墓地で全国で500ヶ所以上あります。申し込みに際しての資格・条件もいろいろあり、特に都営霊園の場合は条件も厳しく、競争率も高くてかなり難しいようです。
一般的に公営墓地は区画数が少ないので、競争率は数倍から数十倍にも昇ります。大都市など交通の便が良い所ほど、その傾向は強いようです。希望する場合は、募集があるときを調べて申し込みをして下さい。大部分の市営墓地は居住して1〜3年で、納骨する遺骨があるなどの条件を満たしていれば申しこみ資格はあります。

《東京と大阪での公営墓地事情の比較》

●東京
明治時代に東京府が青山など6ヶ所に墓地を作り管理するようになった事業を東京都が継ぎ、現在の都営霊園の形になりました。

〜主な資格〜
・都内に5年以上居住している
・納骨していないご遺骨を持っている
 または、遺骨を都立納骨堂の一時収蔵施設に預けている
・申込者が祭祀の主催者であるか血縁者か配偶者、養子か養父母

東京の墓地は“狭き門”
1uにつき15万円〜31万円位

●大阪
府や市の外郭団体が半官半民の形で運営しているものです。他の公営墓地より自由ですが、一部の霊園では石材店の指定があるようです。

〜主な資格〜
・申込者が祭祀の主催者である
※府内の住居者でなくても応募できる

大阪の墓地は“広き門”
残っているのが階段墓地なので人気がいまいちということもあり先着順受付中

前のページに戻る

増田石材 青木橋店

藤枝市青木2-11-1
電話番号 054-643-6857

クリスタル製品  クリスタル3D彫刻

クリスタル製品  クリスタル3D彫刻

クリスタル内部に写真を彫刻
写真1枚から3Dに
http://isiya-m.com/topics/NOD4/